一般歯科

prevent
痛くない虫歯治療、根管治療を提供しています

痛くない虫歯治療、根管治療を提供しています

歯医者さんへ通うきっかけとして一番多いのは、歯がズキズキと痛む虫歯ではないでしょうか? ただ、幼いころ虫歯治療で感じた「麻酔注射が痛い」「歯を削る機械が怖い」といった記憶から苦手意識を持ち、歯医者さんに行くのをためらってしまう方も多いようです。

こちらでは、町田市の歯医者「アメリア町田こもれび歯科」が虫歯治療についてご説明します。当院ではできるだけ痛くない虫歯治療を行っています。重度の虫歯に対する「根管治療(こんかんちりょう)」も行っていますので、虫歯治療は当院へご相談ください。

痛みを感じたらお早めに

痛みを感じたらお早めに

虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどなく、知らず知らずのうちに進行してしまいます。痛みを感じたり、冷たい物がしみたりする段階では、虫歯はすでにかなり進行している可能性もあるのです。

虫歯は時間が経つにつれて悪化していき、最終的には歯を失ってしまうこともあるだけに早期発見・早期治療が鉄則です。初期段階で治すことができれば、治療時間も治療費用も少なくすみます。また、通院の回数も短くなり、身体への負担も少なくすみます。

少しでもお口や歯に違和感があったら、当院までお越しください。当院では患者さんにできるだけ負担のかけない痛みの少ない治療を心がけています。

虫歯の進行と治療

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

症状 歯の表面のエナメル質が溶けだし黒ずんで見える状態です。まだ歯の内部まで菌に冒されてはいないので、痛みなどの自覚症状はまだありません。
治療方法 虫歯に冒された部分を削り歯科用プラスチック(レジン)や金属の詰め物で補います。
C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

症状 エナメル質の下の象牙質まで虫歯菌に冒されている状態です。冷たい物がしみたり、痛みを感じたりします。
治療方法 C1の段階より大きく削り、歯科用プラスチックや金属の詰め物で補います。
C3 神経に達した虫歯

C3 神経に達した虫歯

症状 虫歯が神経にまで達して大きな穴が開いた状態です。ズキズキと激しく痛むようになります。
治療方法 虫歯菌に冒された神経を取り除き薬剤を詰める「根管治療」を行います。きちんと除菌して密閉し、そのあと被せ物をして歯の機能を補います。
C4 歯根に達した虫歯

C4 歯根に達した虫歯

症状 歯のほとんどが溶けてしまい、歯根にまで虫歯菌が達した状態です。神経が死んでいるためいったん痛みは消えますが、放置しておくと歯根の先に膿がたまって、再び激痛になることがあります。
治療方法 この段階まで進行してしまうと、ほとんどの場合、抜歯するしか方法がなくなります。抜歯後には、入れ歯やインプラントなどで歯の機能を補う治療を行います。

重度の虫歯を治す~根管治療~

根管治療とは?

虫歯菌が歯の神経に達したような重度の虫歯は、そのまま放置しておくと抜歯しなければなりません。そのような場合に抜歯を回避し歯を残すことができるのが、根管治療です。

根管治療では、歯の根元にある根管内の神経を取り除き、洗浄・消毒して薬剤を注入します。治療を施す根管内部は複雑な形状をしており、肉眼ではわかりにくい細部を処置するため治療の難易度が高いのが特徴です。きちんと根管内を除菌できないと虫歯再発のリスクが高くなります。そのため、根管治療には歯科医師の豊富な経験と高度な技術が求められるのです。

安全・安心の根管治療を実現します

当院では、歯根内部を拡大して見ることができる拡大鏡を使用し、細部まで確認しながら精密な根管治療を行っています。また、根管内の汚れを確実に除去し、消毒をしっかり行うことで、再発リスクをできる限り抑えています。当院では、神経まで達した重度の歯でも抜歯せず残せるよう努めていますので、重度の虫歯でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

痛みが少ない、怖くない治療のために

痛みが少ない、怖くない治療のために

虫歯治療で痛みや恐怖を感じる方が多いのが、麻酔注射をするときです。当院では患者さんができるだけ治療時に痛みを感じなくてすむよう、以下のような取り組みを行っています。

塗布麻酔

注射する箇所の粘膜にあらかじめ麻酔薬を塗布。そうすることで針を刺すときの痛みを大幅に軽減することができます。

電動麻酔器

電動麻酔器とは、麻酔薬をゆっくり一定のスピードで注入できる医療機器です。電動麻酔を使用することで、麻酔薬注入時の痛みを軽減することができます。

カートリッジウォーマー

麻酔薬の冷感刺激により痛みを感じることがあります。カートリッジウォーマーで麻酔薬の温度を人肌程度に温めることで痛みを緩和することができます。

静脈内鎮静法

場合によっては、鎮静剤や鎮痛剤を静脈内に点滴投与する静脈内鎮静法を用いることもあります。なお、静脈内鎮静法は麻酔医による管理のもと、安全に行っています。